家出少女に対処

約3万人。 これは毎年の平均「家出女性」の人数です。 2009年発表の警察資料によると、2008年の家出女性の年齢は10代が約1万人、成人女性が約2万人となっており、それは前年も同等の数字となります。 しかしこの数字は、警察に捜索願が出された件数でしかなく、実際の家出件数はもっと多くなると考えられます。 ではなぜ家出をするのでしょうか。 女性が家出をする理由として、「家庭内の人間関係の不和」が上げられます。 10代の女性だと、「親子関係のトラブル」「学校に対する嫌気」などが主な原因です。 厳しい躾けをする家庭は、門限が厳しく、友人関係にまで口を挟む「干渉型」の両親に反発し、家出に至るケースが多いといわれています。 また、逆に子供に対して関心の薄い「無関心型」の両親の元で育った子供も、家出を行う動機となっています。 どちらも言えることは、家庭内が悪くても、学校での友人関係が良好であれば家出に至る可能性は低いということです。 それは学校生活が心の支えとなるからですが、もしその支えが学校にも家にもないのであれば、それは10代の多感な時期にはつらいことであり、家出という結論を出してしまうのです。 10代の家出者数は、高校生よりも中学生の方が多いというデータもあります(正否は検証していません)。 成人女性の場合は、親子関係や家族、旦那や彼氏とのトラブルにより家出を行うようです。 それでは、家出をする女性達は、どのような行動を取るのかをご紹介いたします。

家出少女との体験談

家出をしている女性が、誰かにすぐにでも助けて欲しいというときに、チャットサイトを使うことがあります。 このチャットなら、メールをするよりも遥かに素早く、相手とやり取りをすることができますよね。 メールの場合には連絡はできても、やり取りにタイムラグが生まれてしまうことになります。 そのタイムラグは、すぐにでも助けて欲しいという思いを持つ家出少女にとっては致命的なのです。 なので、男性の反応をすぐさま得ることができるチャットのほうが家出少女にしてみれば好都合ということになります。 チャットサイトには、レンタルルーム機能といわれるものを備えているところがあります。 このチャットサイトでは、部屋を立てた人が好きなようにメッセージを入力することができます。 例えば、家出少女を募集しています、というようなことでも簡単に書くことができてしまうのですね。 それを見た女性がその男性のところにいって、やり取りをして出会う、ということもあるかと思います。 また、逆に女性のほうから男性にたいして、助けてくださいというメッセージを出すこともあるでしょう。 このサイトの中には日本全国から人が集まってきているので、そう簡単に出会える保証はありません。 例えば、仮にやり取りできるようになった人がいたとして、その相手との距離が非常に離れているかもしれないのです。 また、実際に出会える女性が、未成年であるということもあり、その女性と出会うことによってトラブルになることもあります。 年齢をごまかして、未成年の女性が近づいてくることもありますし、男性にとってのリスクも非常に高いといえるでしょう。

家出少女との接触

ある男性はチャットサイトを使っていて、家出少女と出会う約束を取り付けることができました。 相手の女性は18歳ということだったので、男性も喜んで出会うことにしたのです。 出会う待ち合わせの場所は都内の繁華街のあるところで、そこに現れた女性はかなり幼い外見でした。 男性が疑問に思って問いかけてみると、相手の女性はすぐに本当は16歳だということを認めました。 実際、化粧をしていたので、もしかしたら男性がそのまま気付かないということもあったかもしれません。 幼い雰囲気もありましたが、どこか挙動不審なところがあったので、男性はそれで怪しいと思ったのです。 とりあえず、せっかくあったからということで二人は喫茶店に入って話をすることになりました。 女性は家出をして、すぐに新宿までやってきたのだそうです。 そこで風俗のスカウトを受けて、ついそれに釣られて風俗のバイトをはじめてしまうことになりました。 ですが、仕事が始まるとなるとイヤになって、逃げ出してしまっているところだったのです。 このまま逃げてもいいのですが、事務所に荷物をおいてあるからということで、男性についてきて欲しいといってきたのです。 ですが、男性はわざわざそんな危険なことをするつもりにもなれずに、断ってそのままその場から立ち去ってしまいました。 別れるときに、女性には五千円を一応渡したそうですが、家出サイトからも様々なトラブルの種があるのですね。

家出少女との出会いについて

家出をしている女性と、インターネットを使って男性が出会うということが増えてきています。 そういった出会いをする女性は、10代の女性や20代の女性が主な層となっているでしょう。 これが30代以上の女性ということになると、あまりインターネットを使っての神待ちはしないことになります。 10代の女性はお金を節約するために、パソコンのサイトよりも携帯サイトを使うことが多いようですね。 20代の女性は経済的にも余裕が出てきますので、ネットカフェからサイトを使って出会いを求めることもあるようです。 もし男性が神待ちの女性と出会いたいと思っているのであれば、まずは携帯サイトから使ってみるのがいいでしょう。 しかし、携帯サイトを使うとなると、10代の女性が多いために接触をするときには気をつけたほうがいいでしょう。 もし相手が未成年だった場合には、関係を持つと大変なことになってしまいます。 あくまで、その場合には男性は女性に対して、家に帰ったほうがいいよなどのアドバイスをするにとどめておくようにしましょう。 もし関係を持ってしまったとすると、警察に逮捕されることになってしまうかもしれません。 10代の未成年女性が家出をしている場合、背景に何かとんでもないトラブルを抱えてしまっていることもあります。 それに巻き込まれてしまわないように、家出少女との接触には気をつけたほうがいいでしょう。 ホテルに連れ込むことができたと思ったら、いつの間にか女性にサイフを盗まれて逃げられてしまった、というような例もあるほどです。

家出少女とチャットサイトから出会う

ある男性は、家出掲示板というものを見つけて、使ってみることにしました。 そこで女性とのやり取りを果たすことができたのですが、相手のことはよくわかりません。 あくまで、相手の年齢が10代ということしかわからなかったので、どうせサクラからの書き込みだろうと思っていました。 ですが、とりあえずは試しにということで、相手に対して連絡をしてみることにしました。 メッセージには自分の直アドレスを書き込んでおいて、それに返信が来るかどうかを待っていました。 そうして待っていたら、本当に女性からのメールをもらうことができてしまったのです。 二人はとりあえず、都内のあるところで待ち合わせをすることになりました。 女性と実際に会ってみると、見るからに未成年だろうと思えるような雰囲気と恰好の女性でした。 とりあえず男性は事情を聞いて、家に帰ったほうがいいと女性にアドバイスをすることになりました。 その女性の見た目からして、男性が関係を持ちたいとはとても思えないような感じだったからです。 男性は女性に電車賃として三千円ほどを渡して、すぐにでも別れたいと思いました。 女性はやはり家出生活でお風呂にも入っていないようで、清潔感も感じられません。 家出少女ならすぐにセックスできるというイメージがあるかもしれませんが、やはりいいことばかりではないのですね。 インターネットからの家出少女との出会いも、男性が満足できるものばかりではないということでしょう。

家出をする女性の年代と理由

家出をしている女性との接触を持ちたがる男性は非常に多いかと思います。 例えば、インターネットの神待ちサイトを使ったり、神待ちの女性とセックスをしたいという欲求があるかと思います。 家出少女なら簡単に出会うことができて、しかも簡単にセックスをすることができる、という噂も非常によく流れていますからね。 また、何か女性の相談に乗ることができて、力になることができれば、と本気で思っている人もいるかと思います。 ですが、家出少女に対して、男性が家に帰ったほうがいいとアドバイスをするのは簡単なことです。 女性が安心して相談できるような、専門的な機関を紹介するということでも、女性を助けることができるでしょう。 新宿歌舞伎町にも、こういった機関として家出少女の訪問を受け付けて、一時的な宿泊にも対応してくれるところがあるのだそうです。 東京の近くに居る女性であれば、こういったところを教えるのも一つの援助になるかと思います。 また、家出少女はすでに何らかのトラブルに巻き込まれてしまっているということもあります。 その場合には、警察に相談をするということも大事なことでしょう。 すべての家出少女が純粋に助けて欲しいと思っているわけではなく、中にはよからぬことを企んでいる人もいます。 例えば、男性のサイフを盗むために近づいていたり、悪質な目的のために男性と出会いたいということもあるのです。 インターネットで会話をしたりアドバイスをしたりということはいいかもしれませんが、実際に出会うことにはリスクが伴います。 男性はその出会いの結果自分がどのような被害を受けることになる可能性があるのか、ということは考えながら行動をしたほうがいいでしょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ